全身脱毛したい!脱毛サロンとか自己処理とか、何が一番お得か研究しよう!

全身脱毛してツルスベ肌になりたい私が、どうやって脱毛するのがベストか研究していきます。

勧誘の怖さを知るべき

time 2017/05/31

エステの脱毛は本当に「気軽にできます」的な文句を使い、お小遣いの範囲で支払いができるプランも多く見受けられるようになりました。
私はエステの脱毛は信じない派で医療脱毛派ですが、学生や社会人なりたての子にとっては、とても思い切って自分で出せる金額ではありません。

そこでエステの上手な「月々数千円で出来ます」というプランです。利用は月一回のみ。中にはその一回で全身何ヶ所でも。というエステもありますが、
・本当に自分自身で脱毛したい箇所はどの程度あるのか?
・毛周期サイクルで自分のやりたい部分は、何ヶ月おきにやるべきなのか?
を考えると、2ヶ月に一度そのうち半年に一度のペースになってくるわけです。

そう考えると、施術していない期間が長くなっていき、ただ月々月謝のように無駄に引き落とされていくお金が増えていくだけになります。

20歳未満の子どもは親の同伴や同意書がなければ契約できませんが、20歳以上になれば自分の意思で契約できます。
そこが一番危険な時期であり、エステサロンにとっては言い方が悪くなりますが契約を取らせやすい年齢になるわけです。

酷いところは、とにかく本人の毛が薄くても、契約ノルマのためにとにかく同情して
「他の人がどう思っても自分では気になるわよね」
など、まるで催眠療法です。
親が付き添っていても、とにかく子どもへの同情です。

きっぱり親が断ると、説明は終了。
早く帰ってたばかりに、さっさとエレベーターのボタンを押してこちら側が靴を履いていないにもかかわらず急がせます。
年齢も未熟な若い方の勧誘です。
うまくいかないと思えば、すぐに顔や言動に現れるのはわかります。

そして親の承諾が要らない若い学生などは、何か契約を
させるまで、扉の締めた部屋で一対一で 酷い時には数時間出してもらえません。
脅しに近い状態になるわけです。
払えないといえば、カード会社もあるから。とその場で契約させてしまう会社もあるくらいです。

とにかくエステサロンが気軽になって来た世の中ですが、特に学生さんや社会をまだ数年しか経験していない方には、やはり親と一緒に話を聞くよう同伴してもらい、断る力は親にお願いする事も考える必要があるでしょう。

down

コメントする




家庭用脱毛器